クレジットカードの仕組みと流れ

Creditの日本訳は『信用』。 クレジットカードの"クレジット"とはこの信用のことを指してます。 この信用を基に、カード会社と利用者との間に契約が結ばれ、利用者は買物や食事等の支払いができるようになっています。

利用者の信用に基づいてクレジットカード会社は、買い物をしたお店(加盟店)にその代金を利用者(カード会員)に代わって支払いをします。

これが現在一般的に行われているクレジットカードによる商品の購入・サービスの利用から、代金の支払いまでの仕組みです。 流れとしては以下のようになります。

  1. 加盟店からの商品・サービスの提供
  2. 利用者は、カード提示・売上票にサイン
  3. 加盟店はカード会社へ売上票送付
  4. カード会社は加盟店へ売上代金支払
  5. カード会社は利用者へ利用代金明細書送付する
  6. 利用者へはカード会社へ利用代金を支払う

※やり取りは、両者間でデータ転送で行うことが多い。

Copyright © 2006 クレジットカードのポイント. All rights reserved