クレジットカードが誕生したきっかけ

アメリカのある実業家がレストランで食事をし、いざ支払いを行おうとした際、財布を忘れてきたことに気づきました。これがきっかけで、この実業家は現金を持ち歩かなくても支払いができるシステムを思いつきました。そして1950年に世界で初めてクレジットカード会社を設立しました。

そして10年後にこのすぐれたシステムは日本へ上陸しました。 昭和35年(1960年)にアメリカのクレジットカード会社と日本の銀行などの提携により日本初のクレジットカード会社が設立。翌年、日本では銀行系クレジットカード会社が次々と設立していきました。

Copyright © 2006 クレジットカードのポイント. All rights reserved